☆赤ちゃんを連れた避難について

私は2011年3月11日、東日本大震災の日、まだ0歳の息子を抱え茨城県で震度6強の地震に遭いました。

だからこそ、子供を連れての避難経験や防災について

だっこおんぶ講師として伝えてきました。

そしてより深い知識を得るために防災士の資格を取得中です。

 

そんな中今朝大阪で起きた地震。

 

いつ、どこで起きるかわかりません。

 

新生児がいるご家庭では

大きなトートバックにタオル、おむつをつめて上に赤ちゃんを入れ

しっかり抱きかかえて避難してください。

また少し大きい子は抱っこ紐がすぐに用意できない場合は

簡易でジャンパー+ベルトでだっこしたり

Tシャツ+さらし(ひも)などで簡易のおんぶ紐を作ることが出来ます。

 

子どもとは密着してだっこおんぶをしてあげてください。

ママも子どもも肌と肌をあわせることで

落ち着きます。

寝床には

懐中電灯(LEDライト)

くつ、だっこひもなどを用意して寝ることを強くお勧めします。

 

そして今できること「家具の固定」です

開き扉なら簡単にS字フックで支えることもできます。

 

 

どうぞ余震に気を付けて!

生活くださいね。

9歳の女の子・・・うちの子供と同じくらいの年です。

心が痛い・・・。

防災教育を広めていかなくてはと強く思います。

防災だっこご興味がある方はお声がけください。

 

【ベビーダンスご予約・抱っこ、おんぶについてのお問い合わせはこちら】

産後ママと赤ちゃんが抱っこ紐で踊る ベビーダンス 渡邉恵里香

▣ベビーダンスについて詳しくは【鹿児島】産後ケア・夜泣きやぐずりにも♡ベビーダンスとだっこおんぶの教室 抱っこでぎゅ♪ ホームページをご覧ください

▣Facebookページはこちらから「いいね、シェア」大歓迎です

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

← 戻る