☆子供の非常持ち出し袋を選ぶポイント

みなさんのご自宅にある
非常持ち出し袋を自分で持って走れますか?

命があってこその備えです。

逃げる時邪魔になるくらいなら
何も持たなくていいくらい。

あなたの命を守ることのほうが
大事です。

我が家では小学生組には
それぞれ非常用持ち出し袋を
作っています。

非常用持ち出し袋はあのみんながイメージ
する銀色のリュック でなくても大丈夫!
とくに子供には背負って軽く感じるもの
走れるものを基準に選んでいます。
ポイントは

【身体に高めの位置で、密着して、揺れないこと】

を、意識してリュック も選んで、
中のものを詰めています。
(詰め方にもコツがあります!)
←これ意識するだけで
重さの感じ方が違うんですよ!

なのでチェストバンドが、ついていたり
腰ベルトがあるリュック を選んでいます。

実はこれ、
身体の重心原理を使っているから。

だっこやおんぶも同じ法則なんですよ!

災害時にも使える
こんな生きるための知恵を
防災講座でもお伝えしています。

ママ防災士だからこそ、
だっことおんぶの専門家だからこそ、
すぐに生活に取り込める防災を目指しています。

 

 

【抱っこ、おんぶ、防災講座、ベビーダンスについてのお問い合わせはこちら】

だっこおんぶ指導、防災士、ベビーダンスインストラクター 渡邉恵里香

講座の日程・ご予約・お問い合わせはこちら

▣詳しくは【鹿児島】産後ケア・夜泣きやぐずりにも♡ベビーダンスとだっこおんぶの教室抱っこでぎゅホームページをご覧ください

▣Facebookページはこちらから「いいね、シェア」大歓迎です

▣Instagramはこちらから「いいね、フォロー」大歓迎です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

← 戻る