☆お腹すいたと泣いても一緒に泣くことしかできなかった日

東日本大震災で被災した時長男は11ヶ月。
 
卵アレルギーもあったので、離乳食もベビーフードでは限られていてほとんど手作り。
そのうえ小さい時から完全ミルクの子でミルクも大好きっ子でした。

 
 
そんな子がいるのに
私は何も備えていませんでした。
 
 
いや、正確にいえば、備えてはしていました。
 
しかし、赤ちゃんに対応していない準備品ばかり
結局非常持ち出し袋の中のものは何も役に立ちませんでした。
 
 
 
火を準備していなかった私は冷凍庫に入っている手作り離乳食はあげれず、
買っていたベビーフードをあげるもすぐ底をつき、ミルクも温めることもできずに
水に溶かしてあげましたが、雪の降る日。
粉も解けないし、冷たくてあまり飲んでくれません。
 
 
 
結局お腹すいたと泣く息子と一緒に
私も泣きました。
 
 
 
「ごめんね、ごめんね。」
 
 
私が備えてなかったばかりに。
 
子供を私のせいで死なせてしまうかもしれない。
とまで考えました。
 
 
 
 
そんな経験があるから
防災士になりました。
 
 
 
 
そして同じ想いを赤ちゃんやママにして
ほしくなくて今伝えています。
 
 
 
 
この想い。自分ごととして
ぜひ考えて欲しい。
 
 
 
災害はいつくるかわかりません。
ぜひ使えない非常持ち出し袋ではなく
ご家族にあった備えを!!!
 
 
 
 
 
 
 
なにを備えればいいの?
どんなことをしたらいい?
親子でできる取り組みは?
という方は!
⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️
 
震災を体験したママ防災士が伝える

【自分の命を自分で守れる子を育てる!防災講座〜日常生活が防災につながる〜】

 
 
 
【オンライン】10月24日(土)10:30〜12:00 2000円のところ→1500円
 ( オンライン親子サロンcherish主催)
 
 
【対面】11月23日(月)㊗️10:00〜12:00
メルマガ登録で3500円→3150円
 
 
ご希望の方は
予約問い合わせフォームへ
 
 
 

【抱っこ、おんぶ、防災講座、ベビーダンスについてのお問い合わせはこちら】

だっこおんぶ指導、防災士、ベビーダンスインストラクター 渡邉恵里香

講座の日程・ご予約・お問い合わせはこちら

▣詳しくは【鹿児島】産後ケア・夜泣きやぐずりにも♡ベビーダンスとだっこおんぶの教室抱っこでぎゅホームページをご覧ください

▣Facebookページはこちらから「いいね、シェア」大歓迎です

▣Instagramはこちらから「いいね、フォロー」大歓迎です

▣ライン公式はこちらから  【ID】525uhcoj  登録大歓迎です 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

← 戻る