療育に通って1年

一番下の息子。
3歳2ヶ月。
 
 
療育に通い出して一年になります。
 
 
最近では、びっくりするくらい
おしゃべりも増えてきました。
 
 
近所のスーパータイヨー
(鹿児島県民ならわかるはず笑)
の歌も歌えます。
 
 
しかし、予定が変更になり
見通しが立たないと
とても不安定になり
かんしゃくがすごいです。
 
 
本人も、不安なのか前日から次の日の
予定を確認してきます。
 
 
でも、これって大人もあることですよね〜
 
 
先日子供が療育に行っていることを
どう思っているのかと尋ねられました。
 
 
「私はなんとも思っていません」と答えると
その方はびっくりしていましたが、
悲観もしていなければ、
はずかしくもありません。 
 
 
むしろ公言してるくらいです。
 
 
なぜならば
療育はその子を
治すところじゃないからです。
 
 
 
個性を見つけ
そしてその個性を
認めてあげる場所
またその個性と付き合っていく
付き合い方を親子で学べる場所の
感覚でいます。
 
 
 
1年前は
戸惑いもめちゃくちゃあったし
悩んだしへこんだけど
今は発達がゆっくりなことは
この子の個性!
 
 
と言えるくらいになりました。
 
 
 
むしろ母として
そこからの発見がたくさんありすぎて
息子に感謝しているくらい。
 
 
 
来年は幼稚園入園もあります。
きっと大変なこともあると思いますが
親子で乗り越えていきたいと
思います。
まずはトイトレだなぁ。。。
 
 
 
 
 
 
 
【だっこ、おんぶ講座、防災講座、ベビーダンスについてのお問い合わせはこちら】

渡邉 恵里香 プロフィールはこちら

講座の日程・ご予約・お問い合わせはこちら

▣Facebookはこちらから「いいね、シェア」大歓迎です

▣Instagramはこちらから「いいね、フォロー」大歓迎です

▣LINE公式はこちらから  【ID】@525uhcoj  

 

前の記事

絵本の衣替え